ご芳名
Eメール
タイトル
掲示板へ直接アクセスした場合には投稿できません。トップページから入り直してください。
お一言お願いします。ご質問はメールでお願いいたします。
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

しとうず ご芳名:タクミン ご記帳日:2009/05/14(Thu) 15:41 No.321  
おひさしぶりです、
最近気になったのですが、「しとうず」はお取り扱いございますでしょうか。
これから向かうは夏なのですが、寒くなったら欲しいかもしれないですw


Re: しとうず レリ丸 - 2009/05/14(Thu) 16:49 No.322  

タクミン様
こんにちは、「しとうず」取り扱いしています。
一足3,300円です。
サイズによってはご用意できない場合がございます。
詳しい事はメールにてお願い致します。


濃色とは… ご芳名: ご記帳日:2009/05/08(Fri) 01:31 No.309  
はじめまして。
所謂『十二単』の袖や裾に表れる色彩の美しさに魅せられて装束に興味をもちました。
いつかは自分も長袴や細長(個人的には唐衣裳姿よりも細長姿の方が可愛らしくて憧れます)の裾を引きずって歩いてみたいなぁ…と思っております。

最近気になったことがあり、質問させていただいてもよろしいでしょうか。
未婚の女性の袴の色『濃色』についてなのですが、現代の感覚では何色にあたるのでしょうか。
本や写真によって、えんじ色や蘇芳色のような赤紫系だったり、濃い藍色のような青紫系だったり、色合いがまちまちで混乱しています。恐らく『濃(紫)色』という意味なのだろうと思っておりますが、古代紫のように黒っぽく見えるほど濃くはないのですよね。

『濃色』を現代風に表すと、赤紫なのか青紫なのか(または古代紫のように黒紫なのか)、教えていただけると幸いです。


Re: 濃色とは… レリ丸 - 2009/05/08(Fri) 10:07 No.310  

濃色について、現代で宮中でお召しになっている濃色は、染物ですので、微妙な違いはあるでしょうが、小豆色(黒味)の濃いものと言うのが判りやすいかも知れません。
濃紫(深紫)をさかのぼれば延喜式に書かれておりますが、紫草の根で椿の灰汁で媒染(アルミ媒染)とありますので青みかかった紫です、ただ深緋、深蘇芳などもありそれらの方が近いかなとも感じます。
時代と共に、服装規定の変化などもあり、現代までいろいろ変化している事は間違いないでしょう。
参考資料としては、染色に関しては『日本の色辞典』『別冊太陽 源氏物語の色』装束の色を見る上では『十二単の話』などがありますので図書館ででもご覧になってはいかがでしょう。


奴袴について ご芳名:ジン ご記帳日:2009/04/17(Fri) 08:52 No.262  
奴袴についてですが神主仕様は六幅、平安装束仕様は八幅だそうですが、
膨らみ具合はどのくらい差があるのですか?


Re: 奴袴について レリ丸 - 2009/04/17(Fri) 10:35 No.263  

奴袴についてですが、当店では八藤紋の奴袴は(差袴も含め)標準が八幅です、無地物については(紫、浅黄)小幅生地(80%幅)使用の八幅です。
故に神職様仕様が六幅というわけではありません。
膨らみ具合は、現在は引き上げしようが標準ですので、あまり違いが感じられませんが、裾括りですと、かなり違ってまいりますが、文面では表現は出来ません。


Re: 奴袴について ジン - 2009/04/18(Sat) 23:44 No.266  

膨らみ具合は言葉では表現できませんか。差袴にも八幅で作られたのがあるんですね。


Re: 神職の正装 ご芳名:レリ丸 ご記帳日:2009/04/13(Mon) 19:02 No.250  
ジン様
初めまして、こちらのページの三級の欄をご覧下さい。

http://www.yusoku.com/price_1.html

また大変申し訳ありませんが、肖像権に関わりますので書き込みは削除させて頂きました。

どうぞ調整費用についてはメールでのご質問をお願い致します。


Re: 神職の正装 ジン - 2009/04/18(Sat) 23:41 No.265  

了解です。あと三級袍とその裏地の生地の見本とかありますか?


無題 ご芳名:市式部 ご記帳日:2009/03/13(Fri) 22:14 No.187  
春めいてまいりました、お元気ですか。
久しぶりにホームページを覗いてみたら…。
こ、この袿は…。

やはり美しいです(感)

その後、20数年前に買ったあさきゆめみしを引っ張り出して何度も何度も読み返してみるうちに今度は尼装束(というのかな?)にも興味が湧いてきました。

というか別に理由があって出家を希望しているのですが、髪は切りたくない、厳しすぎる修行(寒中の水行とかスクワットみたいな坐行とか)はイヤ、でもお経(ちょっと本格的に理趣経etc、約50分位、長いです)唱えるのが好きでほぼ毎日唱えています。
で、直綴(つながった法衣です)ともだいぶ形が違うようですね。

袿と同じ形で色が黒いだけなのかな、と勝手に想像しています。
それに袈裟を掛けたり、あるいは僧侶の白マフラーをかぶったりしているのかな?とも思うのですが…?









Re: 無題 レリ丸 - 2009/03/19(Thu) 14:08 No.189  

>市式部さま
尼姿の装束としては

源氏物語22帖「玉鬘」

「空蝉の尼君に、青鈍の織物、いと心ばせあるを見つけたまひて、御料にある梔子の御衣、聴し色なる添へたまひて、」

源氏物語53帖 「手習」 

「薄き鈍色の綾、中に萱草など、澄みたる色を着て」

などとあります。袿と同じ形でかなり沈んだ色合いだったようです。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

NO: PASS: