ご芳名
Eメール
タイトル
掲示板へ直接アクセスした場合には投稿できません。トップページから入り直してください。
お一言お願いします。ご質問はメールでお願いいたします。
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

舞装束の単と狩衣の単 ご芳名:ジン ご記帳日:2009/07/01(Wed) 10:51 No.395   HomePage
こんにちは。装束について質問させてもらいます。
この絵馬のイラストのような巫女の舞装束を採用している神社は結構あるようですが
舞装束の下に着てて袖のところから透けて見えるオレンジ色の着物は狩衣や衣冠の下に着る単と同じものなんでしょうか?


Re: 舞装束の単と狩衣の単 レリ丸 - 2009/07/01(Wed) 12:05 No.396  

千早の下に、単を着用しているのだと思いますが、(裾には朱色が重なってないので二枚襲ではない)通常女性の単は幸菱か遠菱(浦安の舞)使われてます。
単の着方についてみると、前身のところが外に出ておますが、女性用の単は通常脇が縫われてますので(縫腋)絵のような着方はできませんので、男性用の単を使われているか原画が間違っているかのどちらかだと思います。
処によって、装束の使い方は必ずしもきまってはおりませんので、私の考えていることも正確ではないともお考えください。
絵でなく、実写のものでしたらもう少しはっきりと解説できると思います。


Re: 舞装束の単と狩衣の単 ジン - 2009/07/01(Wed) 18:22 No.397   HomePage

では実写の写真を。こんな感じです。


千早の汚れ ご芳名: ご記帳日:2009/05/20(Wed) 10:02 No.334  
はじめまして。
千早(化繊)についてしまった、口紅やドロ汚れ(少し)は部分的にきれいにすることは可能でしょうか?
クリーニングに出せばよいと思うのですが、クリーニングに出すと模様の色落ちがどうしても避けられずいかがなものかと思っています。
自宅でできる方法を教えていただければと思っております。
宜しくお願いします。


Re: 千早の汚れ レリ丸 - 2009/05/20(Wed) 14:12 No.335  

千早の洗濯について、掲示板でお知らせするには適さないこともありますので別にお知らせさせて頂きました。
もし、メールが届かぬ場合は、今一度メールでお知らせください。


しとうず ご芳名:タクミン ご記帳日:2009/05/14(Thu) 15:41 No.321  
おひさしぶりです、
最近気になったのですが、「しとうず」はお取り扱いございますでしょうか。
これから向かうは夏なのですが、寒くなったら欲しいかもしれないですw


Re: しとうず レリ丸 - 2009/05/14(Thu) 16:49 No.322  

タクミン様
こんにちは、「しとうず」取り扱いしています。
一足3,300円です。
サイズによってはご用意できない場合がございます。
詳しい事はメールにてお願い致します。


濃色とは… ご芳名: ご記帳日:2009/05/08(Fri) 01:31 No.309  
はじめまして。
所謂『十二単』の袖や裾に表れる色彩の美しさに魅せられて装束に興味をもちました。
いつかは自分も長袴や細長(個人的には唐衣裳姿よりも細長姿の方が可愛らしくて憧れます)の裾を引きずって歩いてみたいなぁ…と思っております。

最近気になったことがあり、質問させていただいてもよろしいでしょうか。
未婚の女性の袴の色『濃色』についてなのですが、現代の感覚では何色にあたるのでしょうか。
本や写真によって、えんじ色や蘇芳色のような赤紫系だったり、濃い藍色のような青紫系だったり、色合いがまちまちで混乱しています。恐らく『濃(紫)色』という意味なのだろうと思っておりますが、古代紫のように黒っぽく見えるほど濃くはないのですよね。

『濃色』を現代風に表すと、赤紫なのか青紫なのか(または古代紫のように黒紫なのか)、教えていただけると幸いです。


Re: 濃色とは… レリ丸 - 2009/05/08(Fri) 10:07 No.310  

濃色について、現代で宮中でお召しになっている濃色は、染物ですので、微妙な違いはあるでしょうが、小豆色(黒味)の濃いものと言うのが判りやすいかも知れません。
濃紫(深紫)をさかのぼれば延喜式に書かれておりますが、紫草の根で椿の灰汁で媒染(アルミ媒染)とありますので青みかかった紫です、ただ深緋、深蘇芳などもありそれらの方が近いかなとも感じます。
時代と共に、服装規定の変化などもあり、現代までいろいろ変化している事は間違いないでしょう。
参考資料としては、染色に関しては『日本の色辞典』『別冊太陽 源氏物語の色』装束の色を見る上では『十二単の話』などがありますので図書館ででもご覧になってはいかがでしょう。


奴袴について ご芳名:ジン ご記帳日:2009/04/17(Fri) 08:52 No.262  
奴袴についてですが神主仕様は六幅、平安装束仕様は八幅だそうですが、
膨らみ具合はどのくらい差があるのですか?


Re: 奴袴について レリ丸 - 2009/04/17(Fri) 10:35 No.263  

奴袴についてですが、当店では八藤紋の奴袴は(差袴も含め)標準が八幅です、無地物については(紫、浅黄)小幅生地(80%幅)使用の八幅です。
故に神職様仕様が六幅というわけではありません。
膨らみ具合は、現在は引き上げしようが標準ですので、あまり違いが感じられませんが、裾括りですと、かなり違ってまいりますが、文面では表現は出来ません。


Re: 奴袴について ジン - 2009/04/18(Sat) 23:44 No.266  

膨らみ具合は言葉では表現できませんか。差袴にも八幅で作られたのがあるんですね。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |

NO: PASS: